ペットフードの成分

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

猫のペットフードを選ぶ際、注意していただきたいのがそのペットフードの成分表です。猫のペットフードの中でも安いものから高いものまでいろいろありますが、厳密に言えば商品として販売していますので、猫が絶対に食べてはいけないというものはありませんが、場合によっては食べない方が良いものもありますので、代表的な成分だけでも事前に飼い主のみなさんは把握しておきましょう。

まずは、肉やミートと記載されている成分。成分はその名前の通りなのですが、細かく説明すると骨格筋や舌、心臓などにみられる横紋筋肉という肉のことを指します。肉やミートとして多いのが鳥や牛などです。猫はもともと肉食動物ですので、本来であればこの肉を食べさせてあげることが猫にとっては最も自然な流れでペットフードとしても良い商品と言えるでしょう。ただし、似ている成分で肉副産物ミートや肉粉、ミートミールなどと言った類似成分もあり、これらは純粋に肉やミートなどと言った成分ではありませんので、注意して下さい

次は穀物です。穀物は基本的には肉などから摂取するタンパク質をこの穀物で補っているだけの成分ですので、一般的には穀物フリーのキャットフードの方が良いです。穀物を処理できない猫が中には存在しているのがその理由です。

最後は添加物です。この添加物は基本的に含まれていない商品が良いです。その理由としては添加物は成分として摂取した方が良いとされているものがないからです。その商品の品質を保つ為に入っている成分ですので、純粋なペットフードを求めるのであればこの添加物は不要です。