添加物の成分1

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

猫のペットフードの成分には添加物という成分があります。この添加物と言う成分は基本的に体に良いとされている成分は含まれておらず、その商品の品質を保持する為に必要な成分であるといっても良いでしょう。そんな添加物ですが、代表的な添加物を今回ご紹介させていただきますので、飼い主のみなさんはぜひ添加物が入っていないペットフードを猫に与えるようにして下さい。

まずはプロビレングリコールという添加物。このプロビレングリコールは主に保湿作用や制菌作用を目的として使用されている添加物で、このプロビレングリコールが入っているペットフードは絶対に猫に与えないで下さい。この成分が含まれているペットフードを猫に与えると猫の体に異常が出るという結果が証明されており、法律でこのプロビレングリコールを使用したペットフードを販売してはいけないとされていますので、万が一この成分が含まれているペットフードが販売されていたらそのペットフードは違反していることになります。

次に合成調味料と記載されている成分。この合成調味料の成分は非常に曖昧なもので、主に猫が好きそうなペットフードの味付けをし、猫の食欲を刺激するために使われている添加物です。安全性を確認することは非常に困難で、一つ言えることが猫の健康を考えるのであればこの合成調味料が含まれているペットフードは与えないことです。