猫のペットフードの種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

みなさんの中でペットを飼っている人はどの程度いるでしょうか?その中でも犬と同じ程度の数飼われている猫について今回は注目したいと思います。猫に限らず、ペットを飼うということは、エサである食べ物を食べていかなくては生きていけませんが、猫のペットフードについてみなさんはしっかりとその猫に合うペットフードを選べていますでしょうか?今回は猫のペットフードの選び方についてご紹介させていただきます。

まず、ペットフードを選ぶ際に猫のペットフードにはどのようなものがあるのかを知っておかなくては選ぶにも選べません。猫のペットフードは基本的にそのエサに含まれている水分量で種類が分かれてきます

まずは最も水分量が少ないドライタイプ。このドライタイプは水分量が10%以下のペットフードのことを指し、水分量が13%以上になってしまうとそのペットフードにカビが生えてきてしまう可能性があり、安全性を考慮して10%以下の表示をしているメーカーがほとんどです。

次は水分量が25%以上セミモイストタイプです。細かく言えば25%以上~30%以下のペットフードを指すのですが、カビなどが生えないようにほとんどの商品で防カビ剤などの添加物が使用されています。また、水分量を保持する為に湿潤調整剤という成分も添加物の一部として含まれています。

最後は最も水分量が多いウェットタイプです。水分量は75%以上のものを指し、非常に生肉の触感に近い為、猫からすれば非常に美味しく感じられ満足するのですが、ドライタイプなどと違って価格が高いのがネックです。また、食べかすが残りやすく、歯石や口臭の原因になりやすい点は少しデメリットとして挙げられるでしょう。