添加物の成分2

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

猫のペットフードに限ったことではありませんが、ペットフードの中に含まれている可能性が高い添加物という成分。この添加物はひとくくりにされていますが、ペットフードを選ぶ際にはそれぞれの成分で記載がありますので、ここではいくつかの添加物をご紹介させていただきます。添加物の成分は決して体に良いとされている成分は一切含まれていませんので、基本的には入っていないペットフードを摂取するのが理想的です。

まず、エトキシキンという成分。このエトキシキンはゴムの生産過程で開発された添加物で、優れた抗酸化作用がありますが、決して安全性が証明された成分ではありません。たとえ少量であっても健康を第一に考えるのであれば摂取は控えて下さい。

次に亜硝酸ナトリウムという添加物です。別名では赤色着色剤と記載されていて、主な役割としては肉の黒ずみを防ぎます。しかし、場合によっては化学反応をお越し、強力な発ガン性物質を引き起こす場合がありますので、この亜硝酸ナトリウムにも注意が必要です。

最後にブチルヒドロキシアニソールという添加物です。このブチルヒドロキシアニソールは抗酸化剤として効果がありますが、人間用の食べ物でもガムやバターなどに使用されていることも多く、比較的安全と言われている添加物ですが、やはり発ガン性を誘発する成分としては確実に安全性を証明できる添加物ではありませんので、この成分が含まれているものは避けるようにした方が良いでしょう。

添加物の成分1

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

猫のペットフードの成分には添加物という成分があります。この添加物と言う成分は基本的に体に良いとされている成分は含まれておらず、その商品の品質を保持する為に必要な成分であるといっても良いでしょう。そんな添加物ですが、代表的な添加物を今回ご紹介させていただきますので、飼い主のみなさんはぜひ添加物が入っていないペットフードを猫に与えるようにして下さい。

まずはプロビレングリコールという添加物。このプロビレングリコールは主に保湿作用や制菌作用を目的として使用されている添加物で、このプロビレングリコールが入っているペットフードは絶対に猫に与えないで下さい。この成分が含まれているペットフードを猫に与えると猫の体に異常が出るという結果が証明されており、法律でこのプロビレングリコールを使用したペットフードを販売してはいけないとされていますので、万が一この成分が含まれているペットフードが販売されていたらそのペットフードは違反していることになります。

次に合成調味料と記載されている成分。この合成調味料の成分は非常に曖昧なもので、主に猫が好きそうなペットフードの味付けをし、猫の食欲を刺激するために使われている添加物です。安全性を確認することは非常に困難で、一つ言えることが猫の健康を考えるのであればこの合成調味料が含まれているペットフードは与えないことです。

ペットフードの成分

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

猫のペットフードを選ぶ際、注意していただきたいのがそのペットフードの成分表です。猫のペットフードの中でも安いものから高いものまでいろいろありますが、厳密に言えば商品として販売していますので、猫が絶対に食べてはいけないというものはありませんが、場合によっては食べない方が良いものもありますので、代表的な成分だけでも事前に飼い主のみなさんは把握しておきましょう。

まずは、肉やミートと記載されている成分。成分はその名前の通りなのですが、細かく説明すると骨格筋や舌、心臓などにみられる横紋筋肉という肉のことを指します。肉やミートとして多いのが鳥や牛などです。猫はもともと肉食動物ですので、本来であればこの肉を食べさせてあげることが猫にとっては最も自然な流れでペットフードとしても良い商品と言えるでしょう。ただし、似ている成分で肉副産物ミートや肉粉、ミートミールなどと言った類似成分もあり、これらは純粋に肉やミートなどと言った成分ではありませんので、注意して下さい

次は穀物です。穀物は基本的には肉などから摂取するタンパク質をこの穀物で補っているだけの成分ですので、一般的には穀物フリーのキャットフードの方が良いです。穀物を処理できない猫が中には存在しているのがその理由です。

最後は添加物です。この添加物は基本的に含まれていない商品が良いです。その理由としては添加物は成分として摂取した方が良いとされているものがないからです。その商品の品質を保つ為に入っている成分ですので、純粋なペットフードを求めるのであればこの添加物は不要です。

猫のペットフードの種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

みなさんの中でペットを飼っている人はどの程度いるでしょうか?その中でも犬と同じ程度の数飼われている猫について今回は注目したいと思います。猫に限らず、ペットを飼うということは、エサである食べ物を食べていかなくては生きていけませんが、猫のペットフードについてみなさんはしっかりとその猫に合うペットフードを選べていますでしょうか?今回は猫のペットフードの選び方についてご紹介させていただきます。

まず、ペットフードを選ぶ際に猫のペットフードにはどのようなものがあるのかを知っておかなくては選ぶにも選べません。猫のペットフードは基本的にそのエサに含まれている水分量で種類が分かれてきます

まずは最も水分量が少ないドライタイプ。このドライタイプは水分量が10%以下のペットフードのことを指し、水分量が13%以上になってしまうとそのペットフードにカビが生えてきてしまう可能性があり、安全性を考慮して10%以下の表示をしているメーカーがほとんどです。

次は水分量が25%以上セミモイストタイプです。細かく言えば25%以上~30%以下のペットフードを指すのですが、カビなどが生えないようにほとんどの商品で防カビ剤などの添加物が使用されています。また、水分量を保持する為に湿潤調整剤という成分も添加物の一部として含まれています。

最後は最も水分量が多いウェットタイプです。水分量は75%以上のものを指し、非常に生肉の触感に近い為、猫からすれば非常に美味しく感じられ満足するのですが、ドライタイプなどと違って価格が高いのがネックです。また、食べかすが残りやすく、歯石や口臭の原因になりやすい点は少しデメリットとして挙げられるでしょう。